年長組☆命の話

今日は、助産師の津田さんに来ていただき『命の話』をしてもらいました。

赤ちゃんがお母さんのおなかの中で育つときのお話

小さな赤ちゃん人形を見たり、触ってみたりして、少しずつ成長していくこと、

「こんなに小さかったんだね」「手も足も小さくてかわいい!」とびっくりする子どもたち。

成長してどんどん体が重くなったり、顔の鼻や耳がしっかりできてくることを発見する子もいました

プライベートゾーンのお話

『命を作る大切な場所』だということ。と教えてもらいました

人には見せない、触らせないこと。自分の事は自分で守り、清潔にすること。

津田先生からの大事なお話を、良い姿勢で真剣に聞くことが出来ましたね

 

お子様の生まれたときやおなかにいるときの事を振り返り、親子で話をしてみてくださいね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加